スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2013年12月31日

ありがとう2013(2)



2013年の最後に、大事なことをいくつか思い出させてもらった、お話の続き。

(6)セミでもフルでも、長くても短くても、やっぱりサバゲーは楽しい。

























みなさん、輝いてますねえ。


個人的な得物・・・長らく持ちながら実戦初投入となったTOP製のM60(初期型・あえてジャバラ仕様のまま)がメインウェポン、という、全く慣れていないスタイルでのプレイを楽しみました。


え? マガジンどこにあるんですか? フィードカバーから自動給弾? わ、マルイ製とは全然違いますね、撃ち味。面白い面白い・・・と珍しがられてしまいました。
あくまで仮説ですが、TOPのM60やMINIMIは、9.6Vバッテリーゆえに無理があったんじゃないかなと。Li-po7.4Vで僕の「PIG」(STDなので意外に軽い)は1日中絶好調。
ただし、現地購入したマルイベアリングバイオ0.2gはあっという間にカラッポ。メインをハンドガン(ASGのCz75、ノンブローバック)に変えて、ポイントマン冥利に尽きるゲームを楽しみました。


7) うまく書けないけど。

昨日の更新でも書きましたが、「スミソンさん、会いたかったです!」と、何度言われたでしょう。1年ぶりの顔、今年の夏に1度ゲームしただけのチーム、城山フィールドでハグしあった以来の方も。僕が来るから、とわざわざ参加してくれた人までいるなんて。
みんなそれぞれに事情があり、いろいろな思いがある。短い時間ですがいろんな話をしました。
初めて会うみなさんとも、まるで昔からの知り合いのように共感することができました。

この1年、僕は多くの大事なひとやコトやモノを失いました。
ひとりで戦っている、という思いにとらわれることもありました。
笑顔を失いかけたことも、あったかも知れません。

2013年の終わり、みなさんの笑顔や言葉に、僕は本当に救われました。



ありがとう。またField of Joyで会いましょう。
それはいつだって、どこでだって、いいのです。
だってトモダチはいつだって、どこにいたって、初めて顔を合わせるひとだって、たとえもうこの世にいなくたって、トモダチに違い無いんですから。


2014年が、みなさんとみなさんに繋がる
すべてのひとにとって、実り多い1年でありますように。










  

Posted by スミソン@SAS相模原  at 23:15Comments(0)活動報告

2013年12月31日

ありがとう2013(1)

2013年の最後に、大事なことをいくつか思い出させてもらった、お話。

1) おいそこの若いの...すっごくカッコいいぞ。


「デカいよッ!」「キレてるよッ!」というボディビル独特の歓声が飛びそうなナイスバディ。
構えているのはTOPのM60。プレスメカボックスの初期型にして、完動以上の状態なのです。



民兵から鹵獲したAMD65を手に、敵情を伺うSPEC FORCE・・・にしか見えない。

これはネトラレ属性だろうか?
愛着のあるマイガンをカッコいいプレイヤーに構えてもらうのは、なんだか嬉しい。
そして30日のゲームでは強引にASAP(SAS式ハンドガン戦)を行ったこともあって、リザーブのガンを使ってもらったりしました。
みんな楽しがってくれて、「コレいいですね」なんて褒めてくれて、そして丁寧にお礼を言ってくれて、かえって嬉しかったです。
<最近の若いものはどうこう...>なんて言ってるオッサンは、ちゃんとしているかどうか怪しいです。信じなくて良いと思います。

2) サバゲー女子は、常に進化している。



アグレッシブかつエレガントに



ONでもOFFでも笑顔でムードを引っ張り



ハンドガンもLMGも難なく使いこなす。

しかも女子だけで固まらないのが嬉しい。気持ちイイ連携プレーがキマると、ああ、サバゲーってやっぱり楽しい。また行きたいな、ってことになる。まったく男子ってのはいつまでも学生気分が抜けきらない。

3)サバゲーとカメラは相性がイイ

同じ<シューティング>というだけあって、ゲーム中の撮影はとても難しいけど楽しい。
でも、どっちかに集中しないと・・・


ほぇっ!?


立て直した!


ぐわッ! やっぱりムリ!

・・・こういうピューリッツァー賞モノの珍プレー写真を撮られちゃうぞ(笑)


4)サバゲーとアウトドアクッキングは相性がイイ


↑猟奇・変態外科医ではない。
主催のF-03からの嬉しい要望と、OPSスタッフサイドのご理解で


御殿場に引き続き、とろけるハンバーガーを焼く焼く。スミソン余裕ゼロ状態。
戦争は会議室で起こってるんじゃない! キッチンで起こってるんだ!


名付けて「Combat Burger」。
「とろけるハンバーグ」にレタス、ベーコン、オニオンスライス、トマトピューレ、そしてアーミーマンのピン。


そびえ立つハンバーガー・ヒル。


ホントいつも旨そうに食べるよね、F-03。


みんなでこんな顔して同じもの食べるって、楽しいよね。


5)iPhoneケースはカモフラージュしちゃダメだ。

ネタ抜きで、またiPhoneをロストするスミソンでありました。そんなこともあろうかと持参したiPadで「iPhoneを探す」アプリを起動。


落としたと思っていたフィールド内の激戦区ではなく、セイフティ・ゾーンへの通路でピコーン!ピコーン!と僕を呼ぶiPhoneや哀れ...。



低く早く走るF-03。


なんという美しいシューティングフォーム。

そのほかおびただしいバトルショットとともに、まだ続きますのでお楽しみに!

・・・たぶん年内中にUP・・・うーん、できるかなあ。

  

Posted by スミソン@SAS相模原  at 17:00Comments(0)活動報告

2013年12月30日

2013撃納会


遅刻してOPSへ。
「会いたかったです!」って何人に言われたでしょう。
シアワセって、こういうこととなんだな・・・なんてね。
  

Posted by スミソン@SAS相模原  at 13:37Comments(0)活動報告

2013年12月08日

エアコキいろいろ



じゃーん (っていうフリ、最近あんまり聞きませんね。じぇじぇじぇ! のほうが良かった?)
スポンジ弾を撃ち出す黄色いトイガン、NERFをムービープロップ風にしてみました。


と、いっても、100均のシルバースプレーを吹いて


さらにメタリックブラックを吹いて、細目の布サンドペーパーで軽くこすっただけなんですけどね。
(誰ですかミニモスカート入るかな、とか考えている人は)

こうやって見ると、ナーフも立派にエアコッキング・ガン。

そういえば、先週の今ごろ(の1日前)もエアコキで遊んでたなあ・・・と、強引に話題を引っ張りますよ
F-03主催・エアコキ限定戦@fff(ふじてんリゾート)の動画編集が終わりましたんで。

エアコキといっても、その幅は広い。


アンチマテリアル・エアコキ。マルイのエアコキハンドガン何丁分の重さ? 


ストックつけちゃいました。エアコキだから、この構えでもスライドが襲いかかって来ることはない!


レバーアクションもエアコキ。タイガーストライプのカウボーイ。


もちろんKTWのタネガシマもエアコキだ。


コマ・ヘイヘにスコープは無用。30m先の350mmペットボトルをスコーン!


そんなエアコキのみ、のゲームのもようと


どうしてこのような重力や力学に逆らった走りをしなければならなかったのかを


3分半の動画にまとめてみました。

後半のSAS式ハンドガン戦、ヤバいです。  

Posted by スミソン@SAS相模原  at 14:28Comments(0)活動報告

2013年12月01日

コキまくる②

ああ、昨日のコキ過ぎで両手首が痛い。
そんな「エアコッキング・ガン限定戦」の写真レポです。


pzkpfwⅡ風味のジャーマングレーをバックに恥ずかしながら。オッサンアンドパンツァーの体で。



2号戦車的なものの正体は雪上車でした。


今回のメインアームはマルゼンのCA870。ヘビ革のスリングがヤバイよ。カルテルっぽいよ。


電動ガンやガスブローバックに圧されていた通好みの名器が、今回のイベントを契機に復活。
もともと良くできたトイガンであることは分かっていたのですが、持ってるひとなら誰でも知ってる「ガショ〜ン」というバネバネしい作動音を解消し、チャンバー周りの気密を確保したら、あーら大変。このお手軽カスタムについては、またの機会に。



「エアコッキング限定」・・・それはバッテリーやガスの力を借りぬ、己の腕力とバネの反発力のみでの闘い。SAS城山フィールドの父・Yo!務員さんの悲願でもあったゲームコンセプト。



主催ありがとうF-03。Do it! Go a head! F-03。やらないかF-03。(写真がお礼になっていない件)



雪に覆われた富士山。プレオープンしているゲレンデ。すでにシーズンオフなのに開けてもらったFFFフィールド。
やっぱり寒いなあ、とは思ってましたが



コップの水がみるみる凍ってゆくさまを見て呆然。これじゃあガスは無理無理無理無理ッ!



しかし、14人の真性マゾ・・・いや、サバゲー理想主義者たちは意にも介さず。
サバゲーはタマ数じゃない。0.2gに込めよ想い、放て共感の一撃、ツれよ我が両腕!



ゲームのもようはヘッドマウントカメラでの動画でお知らせします。Now on editing.



午前中は7対7を「普通に」シャッフルしてのペットボトル攻防戦。これは楽しいルール。



昼食後のSASルールハンドガン戦が異様に盛り上がり、なんだか妙な雰囲気に。
こちらも衝撃の動画とフォトレポートをお楽しみに。
(センターWポストのハンドガン戦は、バスケの3on3やフットサルのように
<ASAPs(AirSoftAttack with Posts)>みたいなスポーツとしてスピンオフしても良いと思うに至る。)



そのとき、オッサンが動いた。高度成長期生まれ舐めんなよ。



午後は衝撃の「年齢によるチーム分け」を実施。5人の40代「バブル入社組」を中心に、勝たないまでも暗黙の統制でフィールドを席巻。
後半は20代前半と30代前半のバディも加わり、電撃バップで連戦連勝。

「まだまだ物足りないぜ、小僧ども」・・・ああ、いまになって猛烈に脚が痛い。



整理運動(激しすぎ)を兼ねて、ハンドガン戦をもう4セット。



節子、うちらもう動けへん。



赤く染まる富士山に見送られ、山梨勢に再会を誓い、神奈川/東京勢は、一路「福よし」に向かうのでありました。



お腹いっぱいのシアワセな1日でした。


動画や笑撃フォト・珍銃レポートは、追って更新します。でもね、たぶん、きっと・・・。

  

Posted by スミソン@SAS相模原  at 12:00Comments(0)活動報告

2013年11月30日

コキまくる①



ここは富士山麓、FFF。世にも珍しいエアコッキング限定サバゲーが行われている、なう、です。
連射音もギヤ音も聞こえないシュールなゲーム。



ってゆうかすっごい天気&富士山です。



主催はもちろん、F-03。



さあ、コキまくるよ!!

  

Posted by スミソン@SAS相模原  at 13:21Comments(0)活動報告

2013年11月29日

再軍備宣言?



更新さぼりっぱなしですが。生きてます。

12月1日からの助走期間(念のためお断りしておきますが、『女装期間』ではありません)のための助走中。



それから、自転車に乗って写真や動画ばかり撮っています。 このへんはFBでつながっている方々にはご存知のとおりです。

サバゲーは・・・もう1ヶ月以上やってない。10月12−13日のAutumn Operation 2013 in 御殿場が楽しすぎたのです。

そのあと不用意に大きな定例会などに参加したりすると、<大和ゆら>よろしく 「楽しくないならやんなきゃいいのに」状態に陥りかねんな、と思っていたのです。実際、2度ほど止めた、という事実もありますし、キライになるくらいならやんないほうがいい。いまのところは。

でも、やるんだな。。

明日はF-03主催の「エアコキ限定戦」に参加します。 
さあ、コキまくる前に、再軍備を秘密裏に開始です。



スポーツカムの固定法とゴーグルに対しての不満を解決へ。そして迷彩塗装。


この写真は大山登山の際に撮ってもらったもの。陸自迷彩の溶け込みっぷりがヤバい。A-TACSは色が淡いかな。

とはいえお気に入りのA-TACS。もうちょっと好みの色にしたい。グリーンを買えばいいって? それもそうなんですが


ちょっとやってみたかったことがあったんです。



染めてみました。薄く緑が加われば良いので、作業はことのほかカンタンでした。

あとは<得物>だな。


こういう方向性も考えたのですが、オトナとして主催者と張り合うのは避けておこう。


ひっくるめると、こんな感じになりそうです。 CA870も検討中。調整如何ではドラグノフに替えて投入か。

ロケーションによっては、あの迷彩もアリかな。

問題: スミソンはどこにいるでしょう?




答え① : 写真の中央下、光軸が顔をかすめている。

答え②: 自分の家の庭。

と。いうわけで、自宅の庭に隠れる世帯主、スミソンでした。

明日、山梨でお会いしましょう。  

Posted by スミソン@SAS相模原  at 14:55Comments(2)活動報告

2013年10月31日

競技or遊び?



10月12日-13日「AutumnOperation2013」フォトレポートの続きです。

10月13日


さあ、いよいよ公式日程の始まりです。


ブリーフィングから、既にカオス領域に突入。


20分間無限復活カウンター&フラッグ戦をメインとしたゲームの開始です。


この日も好天に恵まれ、富士山どーん。僕もルール遵守で大暴れ・・・のはずでしたが


楽しすぎた前夜の揺り戻しと、主要装備のキモとなるモノを家に置き忘れたことで、宇都宮モードに入ってしまうという体たらく。精一杯の笑顔 (堺雅人の顔マネということには誰も気付かず)と「とろけるハンバーガー」作りに専念することに。タクティカルベストを脱ぎ、早々にエプロン姿です。


この日のために用意した「とろけるハンバーグ」は弱気の20個。売れ残ったら翌日からハンバーグ地獄(天国?)か、F-03を飛行不能の逆肉体改造に追い込むか…なので。

しかし、これは完全な杞憂でした。


文字通りの瞬殺。500円ポッキリという原価割れ価格もあってか、2個めが食べたい!との予約をお断りせざるを得ない状態に。


ハンバーグから染み出た「危険な(ほど旨い)脂」をパンに染み込ませて食べる「アブラパン」が局地的に流行してしまう事態にまで発展。


みんなの美味しい顔を見て、なんだかオラ、元気になってきたぞ。


よーし。エプロン姿のまま参戦だ! ただし、ナイフアタックは好みで無いのでフライ返しはセーフティ・エリアに残しつつ。






100人超の無制限復活ということもあり、フィールドは快楽の阿鼻叫喚。



おつかれさまでございました。あ、僕の後ろにライダーが。


 Komaさんのトヨタスポーツ800に先導されつつ、裏道で帰途に就く。
ちょっと最近、サバゲーって競技化に向かうべきか、遊びに徹するのかの二元論に悩む自分がいました。
今回は遊びの要素が強いイベントでしたが、これはこれでアリ。極論に走るのはとりあえずやめよっと。
・・・なんてことを、サイドミラーに映る富士山を見ながら思っちゃったりなんかして。

あ、前を向いて運転しないと。



  

Posted by スミソン@SAS相模原  at 20:00Comments(0)活動報告

2013年10月31日

デイ&ナイト



お久しぶりです。更新が滞ってしまい、すみませんでした。
遅ればせながら、10月12日-13日に行われた御殿場SVGネットワーク主催・Autumn Operation 2013のフォトレポートです。

10月12日(土)


ここのところ雨にたたられることの多かった同イベントですが、着いてみればこの富士山。

キャンプイベントでもあるので、1日目は軽い肩慣らしでミニゲームを行いました。


そう、SAS方式のコレ(もういい加減正式名称があってもいい...)をフィールド中央付近に2つ設置してのセンターダブルフラッグ戦。
とくに少人数のゲームではプレイヤーがセンターに集中するため、プレイすればもちろん、見ていても楽しい。



ミニゲームとはいえ、スナイパーもハンドガンナーもライフルマンも大盛りあがり。

そして、あっという間に夜が始まる。


古今東西・各国軍が火を囲んでの平和な宴。


前投稿のとおり、この日は僕の誕生日でもあり、すっかり正体不明になるワタクシ。
どなたかもおっしゃっていましたが、楽しすぎて写真を撮るのを忘れたほどでした。


それからも焚火と星空と音楽、そして友との語らい。この美しい夜がずっと続けばいいのに・・・
いや、本番は翌日だってば。


つづく。

  

Posted by スミソン@SAS相模原  at 08:30Comments(0)活動報告

2013年10月13日

ありがとう!



10月12日〜13日に行われた御殿場SVGネットワーク主催『Autumn Operation 2013』に参加して参りました。
飲むは歌うは撃つはハンバーグ焼くはで大忙し。ブログ実況更新もままならず、でありました。
たまたま12日が僕の16歳の誕生日(4回め)だったということで、最高の仲間たちが祝福してくれました。



SVGプレイヤーらしく、キャンドルをハンドガンで消そうとするも、マガジンのガスが空だった、って展開がいかにも僕らしい・・・
こんなことが出来るのも、日本が平和で、リアルなガンで自衛する必要がなくて、SVGという素晴らしい遊びを通して、年齢を越えて深く付き合える仲間がいてこそのことです。そんなことを焚火を囲んで、星を見上げて語り合いましたね。

本当にありがとう。まだまだ足もとがおぼつかない第4思春期のスミソンですが、みなさんに生かされてるってことを忘れずに、たとえ折れても何度でも立ち上がります。


Autumn Operationの写真リポートは、明日にでもお届けいたします。


取り急ぎ、お礼まで。  

Posted by スミソン@SAS相模原  at 22:28Comments(0)活動報告

2013年10月08日

刑事祭り2013(発動)



2013年10月5日(土)山梨県は大月・遠いと思っていたら(相模湖IC近辺での事故さえ無ければ)1時間で着いてしまった名高きインドアフィールド・AGITO(アジト)での、表記イベント写真参戦記です。
詳しい内容はF-03さんがリポートすることでしょう。今回はムービー撮影に重きを置きましたので、写真の量はさほどではありません。
が、それだけにインプレッシヴだと思います。

AGITOに来ての第一印象、それは<抜群にセンスの良いフィールド>。



アウトドアであればSEALs、インドアであればIBFや九龍戦闘市街区など、エアガンを持って佇んでいるだけでも非日常に浸れるフィールドがある、ということは、この時代・この国でSVGというスポーツのようでホビーのようでパフォーマンスのような不思議なアクティビティを趣味とする者にとって、ラッキーなことです。




どの角度から切り取っても、画になるベニューです。
タンク(水槽)やアメ車が配置され、地下室から3Fまで数えきれないほどの部屋やギミックが誂えられています。
1日中ゲームしても、その全貌を掴むことは難しいでしょう。



つまり、プレイする側にも相応の<センス>が求められる、ともいえます。
フラッグの位置、ルール、プレイヤーの配置、演出・・・オーガナイザーだけでなく、参加プレイヤーによって、いくらでも楽しさが増すように作られていることが、すぐに理解できました。そして、到底1日のプレイでは「遊び尽くす」のは無理です。


今回のオーガナイザーはおなじみ、かつての<SASの韋駄天>、そして現在のSVG年間参加回数においても質においてもトップをひた走る漢・F-03。

一方、言い出しっぺとしての責任で、ブラックスーツにショルダーホルスター、そして気分はレペゼン横浜・大下勇次(あぶない刑事)で登場するも、フィールド説明の段階で「スーツで走るの無理だわ」と挫折するスミソン。
ホントはこういう脳内設定でした。


柴田恭平・この当時46歳。僕ももうすぐ46歳。


あっさり<すぐ死んじゃう戦闘員@悪の秘密結社>に成り下がるスミソン。
おデコのヘンな黒いモノはヘッドマウントカメラのストラップがはみ出したもの。
シューズは故・DJパトリックの形見、アディダスの5本指スニーカー。インドア戦においては卑怯なくらい静か。
手にするデカい得物はマルシンのSuper Redhawk 9.5inch (6mm Xカート仕様)。
リアルカートのリボルバーは、F-03 & Friendsの影響と認めざるを得まい。
「いまさらですかぁ?」と、いつも通りにイジってくる03に
「好きになるのに早いも遅いもなーい!」と、いつも通りに返す僕でありました。






BB弾、そしてフェアマインドを交わすは、おなじみマスタークラスのプレイヤーたち。
とくに、こーたとは今年初めてのゲーム。まだベイビーが生まれたばっかりだからね。
(大丈夫、すぐに「明日はサバゲ行かないの?なんで?」なんて言われるようになるから。)


そして同じくマスター・Hと、彼の引率によるフレッシュマン&レディたち。
エアガンの扱い方などをレクチャーされている姿が眩しい。
これから体験する全てが新しく、ワクワクすることばかりなのだから。

Hさんの完璧な説明に、僭越にもこんなことを付け加えさせてもらいました。
「ひとに<されたくない>アンフェアなことはせず、<されたい>フェアなことは、進んでして下さい。
もし<されたくない>ことをされたら、自分から<それをしない>を始めてください。」




ゲームシーンは、ヘッドマウントカメラと一眼レフで、たっぷり20GBほど(どうするんだ、編集・・・)
ムービーで撮影しました。プレビュー段階で途方に暮れています。
今週末のAutumn Operation 2013までにはUPしたいと・・・思います。


先日の九龍貸切ゲームでも盛り上がった「ピカピカ回収戦」。電子レンジに入れるとこなんざ、シュールでございますこと。


横折れのAKにグレネードランチャーを装着した魔銃のフロントヘビーさは異常。
久々に、SVGで筋肉痛になりました。


こりゃまさに、ファンタスティック・フォー?


そして、拙ブログ読者のみなさんに、このシーンだけは前もってお伝えしたく。





ビギナーも多い、ということで、ウォーミングアップに<あの>ハンドガン戦を、AGITOで再現しました。


もちろん、コレを2つ使って。
「コレを2つ、フィールド中央に設置します。
2つを自分の腕のマーカーの色を上にできたら勝利です。では、カウントダウンを開始します!」


懐かしいムービーを一席。


SAS・城山フィールドを知っている人も、知らない人も、のっけからアガったんじゃないでしょうか。


結局この日、僕が最も多くのヒットを獲ったのは、リアルカート6発のリボルバー、Super Red Hawkでした。
ほら、スピードローダー探しちゃってるじゃないか。どうしてくれるんだF-03!

シメのゲームもSAS式ハンドガン戦で。なんと、ビギナー中心のチームが勝利!
ずーっと雨、でしたが、ゴーグルが曇って困っちゃうのも気にならないくらい楽しい1日でした。



朝とはうって変わってスムースな中央道を走りながら、こーたと久々に、いろいろな話をしました。
同い年の2人が何を話したのかはヒミツですが、あまりにも早くこーた家に着いてしまい
なんだか名残惜しく、あやうく雨のなか、家の前で話し込んでしまうところでした。


余談になりますが・・・

朝のエントリーのとき、AGITOのオーナーさんが
「スミソンさん、 ブログ読んでますよ。次のフィールド探しは進んでますか?
 神奈川県内で良い場所がある、って情報があったらご連絡しますよ!」

と言ってくれたのには、正直に驚きました。
僕たちSASのコアスタッフがそうだったように、「お客さんを取り合う」という発想ではなく
あくまでプレイヤーの目線で考え、SVGの未来をしっかりと見ている人たちがいる。
嬉しかったです。ありがとうございます。



止まない雨はやっぱり無いわけで、うって変わって晴れた翌・日曜日。
僕は妻と息子を連れ、近所で催された「コスモス祭り」に行ってきました。


雨や嵐を越え、花たちは上を向いて、気高く咲いていました。

  

Posted by スミソン@SAS相模原  at 08:00Comments(1)活動報告

2013年09月26日

長野遠征② または厭世


ヒット数を数えることをしばらくしていない僕ですが、9/14-15の長野遠征、または厭世において、もっとも手応えのある活躍をしてくれたのは、このTanaka works製の、おそらく生産から20年は経とうと思われる、リアルカート6発のシングルアクションアーミーでした。

DAY 1: 20130914(2)




ゲーム上手な女子とともに戦うのはとにかく楽しい。まったく理屈抜きで。




あくまでも主観として述べます。
ある程度のスキルを持ったプレイヤーが集まると、ハンドガンやセミオートをメインとしたゲームになるのは偶然でしょうか。


金曜日じゃなくても、サバゲーといえばカレー、となりつつある今日このごろ。


今回のベストショットはどこか妖しい雰囲気。

DAY 2: 20130915


2日目に撮った写真は、前出の集合写真を除けばこの2枚のみ。

新たなチームを迎え、前日のHitCool倶楽部のみなさんと同チームに。
前日の好敵手との連係プレーに、久々にタギる。
フラッグ戦2戦がこちらのワンサイドとなるや、以降フルオート主流の殲滅戦となる。
べニューが長野だけに1人で帰る訳にも行かず、僕は眠ったふりにも飽き、1年に10本吸うか吸わないかのタバコを、この日だけで6本吸った。17年のサバゲー歴の中で初めて、若いプレイヤーたちのマナー違反を叱った。

そして、ASCSの復活とも言われる千葉のイベントには参加せず、やはり10月12-13は御殿場のイベントで過ごそうと決めた。
光栄なお誘いまで受けていたのに。申し訳ありません。
僕にとってのASCSは1999年の苗場大会だ。チームリーダーにして炊事当番。チームはペンギン村チーム含めての混成チーム。大半は知らない顔だった。途中から渦のような共感が始まり、チームは勝ち進んだ。決勝戦は同点で、僕の提案でジャンケン決着だったけど、普段はジャンケン弱者の僕が勝った。タイガーストライプのWINNERパッチは今も手許にある。


息子たちが生まれて気付いたことがある。誕生日は親のものだ。「生まれる」という動詞は、どこまでも他動詞であり、自分が成し遂げたことではない。だからこそ、誕生日は楽しい日でなければならない。我が子が誕生日を辛い日として過ごすことを悲しまない親なんて、いるんだろうか?

10月5日(土)の刑事祭り2013@AGITOと、10月12-13のAutumn Operation 2013。
4回目の16歳(笑)を迎えるにあたり、僕はまたちょっとハジけると思います。いつも通り、指差して笑って頂ければ恐悦至極です。


去年のこの頃、愚かにも富士単独登山であわや遭難、だったんですけどね。あの時と同じく、iPhoneのマップがちょっとオカしな動きをしています。

  » 続きを読む

Posted by スミソン@SAS相模原  at 23:47Comments(0)活動報告

2013年09月25日

長野遠征①



10日ぶりの更新です。
長野県戸隠にあるインドアフィールドで9月14日から15日にかけて行われたHitCool倶楽部さん主催のゲームの模様をUPしていませんでしたが、内々の共有では勿体ない写真が多々ありますので、遅ればせながら共有いたします。
写真が多いので何度かに分けます。

DAY 1 : 20130914


今回のベニュー、戸隠エステート。3階建ての廃旅館とその別館を利用したインドアフィールド。あれほどの廃墟感はありませんが、ふと佐野(栃木県)にあった元・健康ランド(今風にいえばスーパー銭湯)「タクティクス」を思い出しました。


側面はこんな感じ。傾斜地に建てられているため、アウトドア部分もレイアウトを詰めればもっと楽しめそう。
今回は<お客さん>に徹しましたが(2日めの一部を除く)、主催者としてはいろいろなゲームが提案できる魅力的なベニューでした。


ブリーフィング。主催のHitCool倶楽部の皆さんをはじめ、今日の参加者は僕たちとマインドが近いな・・・と思ったらやはり。旧SAS城山フィールドでご一緒した方が何人もいらっしゃいました。


リーダーがナイスガイなチームとのゲームにバッドゲーム無し。


同チームに入れば最高のバディ、敵に回せばドッグファイト。


そしてF-03。すでに「刑事祭り2013」のリハーサルか、リアルカート6発にこだわる。




インドアでもっともストロークがあるのが本館2Fの大広間。したがってハンドガンでのセミオート戦が楽しい。


こういう会敵距離ですからね。


そしてフェアであること、特に自分の被弾に厳しいことは絶対条件。
ゲームの回転が早くなりますし、自分も相手も気持ちよい。


難しく、したがって楽しいのは「フィールドが3Dである」ということ。


登る。


チョークポイントを押さえる。


階上をクリアする。


制圧し、撃ち下ろす。



そうなると反撃は至難の業。ただし撃ち下ろしは固定ホップだとキツい。


続きます。  

Posted by スミソン@SAS相模原  at 14:35Comments(0)活動報告

2013年09月16日

嵐のあと


今日はたいへんな一日でした。いや、今も北海道では猛烈な雨が降っているとのこと。
長野・戸隠の廃旅館フィールド、エステートでの泊まりがけ2連戦から帰ったのが今日の深夜1時ごろ。それからすぐに空いたまま閉じなくなっていた電動の天窓(最近近所に落ちた雷サージが原因らしい)を塞ぐ作業に悪戦苦闘。なんとか作業が終わった頃には3時を回っていました。さすがに今日はグッタリ。土日の写真や動画をプレビューするのがやっとでした。ともかく集合写真を共有させていただきます。


15日(日)参加者の集合写真。


14日(土)からご一緒させて頂いたヒットクール倶楽部のみなさん。
僕たちと近いマインドをお持ちで、一緒に遊べて本当に良かったです。
SAS城山フィールド以来の再会もありました。

土曜の宴会の間に間に、不調のチャージャーと弱い電波にもメゲずiPhoneと格闘していたのは、こちらの動画のためです。
サバゲーとは関係ありませんが、ぜひご覧下さい。




今回はかなりの分量の写真と動画を撮りました。ちょっと時間をいただきますが、必ず共有します。
結構イイ画、撮れてますよ。

  

Posted by スミソン@SAS相模原  at 20:47Comments(0)活動報告

2013年09月15日

長野遠征②



さーて、戸隠名物手打ち蕎麦も食べたってことで


渋滞が予想される帰途につきます。

エステート、楽しかったです。
詳しくは後ほど。  

Posted by スミソン@SAS相模原  at 19:53Comments(0)活動報告

2013年09月15日

長野遠征①

突然ですが、長野・戸隠に来ています。


最近インドアづいてるなあ。
今回のべニューはこちら。

廃旅館を利用した素晴らしいフィールド。
昨日今日との連戦ですが、土曜日のいでたちはこんな感じ。


俺制服①。自分しか着てない「制服」てのも新しいかと。
日曜日はまた別のバージョンを用意しているという間違った熱意。



インドアってことでスコーピオンをメインに。
っていうか、それもうスコーピオンじゃないじゃん。


しかし、最も活躍したのは昭和なシングルアクションアーミーでした。そのあたりは追って。

冒頭の写真のように、画像動画ともにいっぱい撮ってますので、日曜日のリポートと併せてご紹介します。

おやすみなさい。
  

Posted by スミソン@SAS相模原  at 00:24Comments(0)活動報告

2013年08月29日

やらないか



朝晩はめっきり過ごしやすくなり、ぐっすりと眠れる反面、悪夢にうなされることが多くなったスミソンです。
ガスブロの夏は過ぎゆく・・・ということで、ここのところ時間をみては<ガシャガシャモノ>を直しています。


まずは大物。先日のSEALsでセレクターが死に、挙句にハンマースプリングが折れた、WE-Tech AKM PMC改 AIMS。ストライクアームズさんから各破損パーツおよびリコイルスプリング(ハード)、ついでに「必ず折れる」という噂のバルブノッカーを取り寄せ、なんとか復旧。


しかし、セレクターがフルオートポジションでもセミになってしまう問題は解決出来ず。でもAIMSストックを折ればセレクターがバッチリの位置に。


名機・マルゼンM1100ライオットショーティーも調整中。マルイ870の牙城を崩す構えです。マガジンの190連化、という卑怯にもほどがあるカスタムも間に合えば。
あ、その下のXDM・・・


お約束のマルイ製と、近くに置いていたM&Pと仲良くなったせいか、知らないうちに繁殖していた(笑)XDMショーティー。
参加調整中の31日・OASIS電動以外戦準備のつもりが、装備がどんどん刑事(デカ)っぽくなってきました。


てなわけで、かつて香港・ドラゴン社からリリースされていた刑事フィギュアの偉(ワイ)さんを引っ張り出したのですが、これはどう見ても・・・「やらないか。」
10月5日・AGITOで開催予定の「刑事祭り2013」非公認キャラクターとして、いかがでしょうか。


  

Posted by スミソン@SAS相模原  at 13:01Comments(0)活動報告

2013年08月18日

意外な効果


まだアメリカで公開されたばかり、かつ日本での公開は多分、無い「KICK ASS'2」の、従って誰にも気付かれないパロディに一人悦に入る、というマゾヒスティックな動機で急造したジェダイ風フード陸自迷彩2型。


本家のジム・キャリーはベースボールバットで武装、なので日本版は竹刀かな、という中途半端なキャラ設定で「ライジング・サン1尉」に臨むも、重大な役作り上の落ち度にすぐ気付く。僕は命令口調ってヤツが全くできないのを忘れてた・・・。


ついに仕事発見!養蜂業に就職か・・・と思い始めた矢先、あれ?目の前を敵チームがスルーしてゆく。意外や迷彩効果を発揮。カメラ用のハチマキを中にしまうとさらにヤバい。さらにメッシュなので涼しい。卑怯なりスミソン!動画はいま暫くお待ちください。


お盆ということもありミニマムなゲームでしたが、内容は非常に濃く、何年ぶりでしょうか?自分の鼓動をテレビの効果音のように聴きました。これって、恋?


灼熱の陽射しながら吹く風はときに涼しく、トンボも赤くなり始めた富士山麓。Komaさんを見送りながら何時になく乙女ちっくに
・・・なるわけはありません。

夏風邪をおしての連戦で疲労困憊のドライバー、F-03君を寝かすまいと、スミソン教授の音楽講座を勝手に開講。本日の講義は「サバゲーとヘビーメタル・・・アドレナリン回路の相似性」本日の教材を添付します。お盆休みをメロウに締めくくりたい賢明な皆さんはここでお別れです。おつかれさまでした!

さて、まだ眠くない!という方はPCないしスマートフォンにヘッドフォンを接続し、出来る限りの大音量でお聴きください。(もちろん自己責任にて。)

資料(1)Anthrax 『 Caught in a Mosh 』

ただチカラとスピードで押すだけではない。緩急自在の連携プレイでアドレナリン回路を段階的に刺激する好サンプル。誰かが突出して突っ走りそうだが、突っ走り出す時は全員で一斉に突っ走るという、敵に回すと恐ろしいチーム。彼らには防御と言う概念が、まったくと言って良いほど、無い。そしてオッサンたちは'80年代からずーっとコレをやっている。舐めてはいけない。

資料(2)Iron Maiden 『 Aces High 』

本日勝手に「F-03のテーマ」に選定した曲。冒頭の戦闘機はスピットファイア。演説はサー・ウィンストン・チャーチルの「我々は絶対に降伏しない!」という有名な演説。GUNの構え方が異様にキマっている。陣形は広がって見えるが、ベースが司令塔となり、チームを完璧にコントロールしており揺るぎが無い。左右からのハイサイクル攻撃に加えセンターの打撃力はまさに鶴翼の陣形。ワイルドにしか見えないアタッカー(ヴォーカル)だが、実は小説家、全英屈指のフェンシングの名手という一面も。しかも国際線パイロットの資格を持ち、ワールドツアーでは自ら操縦桿を握る。第一印象だけでの判断は危険だ。

資料(3)Ken Ishii 『 Extra 』

ヘビーメタルでは無いが、渋滞が終わった際にフィットしたのでセレクト。テクノ永遠のアンセムにして、当時ヨーロッパ中で(過激な暴力表現により)TV放映が禁止されたというエピソードも。

では、おやすみなさい。
・・・って、子守唄には余りにもラウドで失敬。  

Posted by スミソン@SAS相模原  at 23:04Comments(0)活動報告

2013年08月18日

Game on!


始めるぞコックサッカーズ!  

Posted by スミソン@SAS相模原  at 09:50Comments(0)活動報告

2013年08月17日

新キャラ登場?

Uターンラッシュもピークを迎えようとする明日(8.18.)、設立されたばかりのSAS別動「スミソン機関(暗号名:S機関)」の非公然行動としてこちらのイベントに協賛、いや、便乗いたします。

そして新キャラクターが登場予定。


Captain Rising Sun (ライジングサン大尉)

特殊技能・特になし。
ジェダイ・ナイトのローブ風の陸自迷彩2型装備に身を包み、竹刀は完全にコケオドシ。ゾンビ行為を見るや否や、自ら「ヒットぉ〜」と甲高い怪鳥音を発してで自決する。気が短いが話は長く、髪は薄いが小便は濃い。好物は魚肉ソーセージ。口癖は「専守防衛」。

もちろん、元ネタはコチラ。

アメリカでも公開されたばかり、日本での公開は今回も多分、無い「KICK ASS' 2」で、ジム・キャリー扮する「スターズ&ストライプス大佐」。




おチャラケで作ったつもりが、なにげに良好な迷彩効果だったらカッコ悪いなあ。  

Posted by スミソン@SAS相模原  at 22:38Comments(0)活動報告